pagetop
DAC Group
ENTRY

INTERVIEW

01
株式会社デイリー・インフォメーション関西
営業部
2016年新卒入社。就活の企業選びの基準は「人を楽しませる仕事かどうか」「面白い仕事ができるかどうか」。そんな漠然とした考えを持っていたため、就職先をなかなか絞ることができていなかった。しかしDACグループに出会い、広告の仕事なら業界を絞らずともどんな企業とも関われることを知り、入社を決意。出身は岡山県倉敷市。入社まもなく開所したばかりのデイリー・インフォメーション中国にて、インバウンド市場の開拓を経験。

- 見せ場 -

008
008
― 中国支社はできたばかりだった聞きましたが、
立ち上げメンバーだったのですか?
松原:そうですね。入社年度7月までは大阪勤務で、8月1日の広島支社オープンに合わせて異動になりました。支社には総合広告部門と国内営業部門とインバウンド部門の3つがあるのですが、営業メンバーはアルバイトさんも入れてまだ10人しかいない。僕はその中でインバウンド広告の営業を担当しました。
― 立ち上げはチャンスでもありますが、大変なことも多かったんじゃないですか?
松原:支社の立上げもそうですが、広島というエリアはそもそもインバウンドという言葉自体がまだ全然浸透していない。アジア系の観光客がすごい勢いで増えているにも関わらず、そうした方を集客するための投資をどこもほとんどしてこなかったんです。それをゼロから切り拓いていくのが何より大変でした。
008
― 最初はどのような取り組みから
スタートしたのでしょう?
松原:ホテルや観光案内所に設置する、中国語のフリーペーパーを刊行することになって。その広告枠を僕と上司の2人で県内の飲食店や小売店に片っ端から営業をかけました。インバウンド広告について知らないお客様にもわかりやすく説明できるように、大阪時代の事例や県の観光課からいただいた外国人旅行者のデータなども駆使して。8月だけでも数十件の店舗を回りましたね。
― たった2人でというのはすごいですね。
松原:そもそもこの部門のスタッフが支社には上司と僕の2人しかいないので(笑) でも、メンバーが少ないからこそ、支社の成長に貢献している実感をダイレクトに感じることができる。広島は、ご飯も美味しいですし本当に素敵な街です。その魅力を、県内のお店も巻き込んで、たくさんの外国の方に伝えていきたい。入社1年目からそんな大仕事に挑むことができるのは、この規模ならではのやりがいかもしれません。

- 修羅場 -

02
008
― 仕事をしている中で、
修羅場を経験することはありましたか?
松原:その立ち上げメンバーだった際、毎月が修羅場という感じでした(笑) 開所したばかりということもあり、全体的に売上がけっこう厳しくて。開所月の8月31日時点で支社の月目標にほんの少しだけ届いていなかったんです。そして、僕自身もちょうど同じだけ足りなかった。午前中に1件ご契約が入り、支社と僕自身の目標達成まであと数万円というところまで来たのですが、そこからさあ、どうしようかと。でも最終的にはもう1件契約が決まり、なんとか達成することができました。
― 足りない分をどうやって補ったのですか?
松原:まったくの新規顧客に営業しても可能性は低いので、月の初めにご連絡したところや一度お会いしたお客様のところに再度電話をかけたんです。夜の8時ごろ、ようやく以前にお会いした高級割烹の店主から「松原君がそこまで言うならやりますよ」という連絡をいただくことができました。
008
― 決め手は何だったのでしょう?
松原:なんでしょうか。最初にお会いしたときは広島カープの話しかしてなかったですからね。しかも、そこは広島の流川というエリアで、外国人の往来はそれほど多くありませんし。ただ以前に、「外国人にとって広島のグルメエリアと言えば『流川』と言われるくらいこのエリアを盛り上げていきましょう」と熱っぽく語っていたのを覚えてくださっていたのかもしれません。
― それで無事に支社の目標も達成できたんですね。
松原:そうですね。自分の仕事が会社の業績に直結しているんだ、という感覚を強く得られた経験でした。とくに当初は中国支社は営業メンバーが10名で、一人ひとりの当事者意識は自然と大きくなる。自分がダメだったら、支社がダメになってしまう。逆を言えば、自分が努力した分だけ、支社のみんなを助けることができると感じました。そのときの経験を忘れずこれからも自分も、そして組織全体も成長させられるように頑張っていきたいと思います。
見せ場
修羅場
008
BACK
NEXT
一覧へ戻る