採用メッセージ

with PERSON
人と生きる、人が活きる
その志を次世代に継ぐ。

日本のバブル崩壊、パソコンとインターネットの普及、中国経済の躍進、リーマンショック、民主党による政権交代、東日本大震災… 広告業界だけではなく、たかだか10年、20年の間に日本と日本を取り巻く環境は大きく変わりました。 時代は我々をどこに連れて行こうとしているのか?まさに神のみぞ知る、とも言えるこの時代を生き残っていくためには、どうすればいいのか?「時代の先を見て、変化していく覚悟と努力が必要である」と誰もが言うことでしょう。
しかしそれだけでは十分ではないと私は考えます。どんな世の中になろうとも守り抜き、次代に伝えていくべき「メッセージ」や「志」を持っていなければ、生きる意味を失ってしまいます。その上で殻を破っていくこと。つまり「変わっていい点」と「変えてはならない点」を理解していることが大切なのです。DACグループにとって、それは「人」です。「人」はもちろん私であり、家族であり、社員であり、友人であり、私たちを支えてくれているお客様であり、媒体社であり、社会との関係でもあります。

「人と生きる、人が活きる ~ with person」

この言葉は決してきれい事ではありません。
DACグループは、この真理に気づき、大切に守り通してきたからこそ、50年間の歴史を生き抜いてきました。「志」を持ち続けることは口で言うほど簡単ではありませんでしたし、これからもそうでしょう。そのハードルを乗り越え、次代に継ぐことができたとき、輝かしい次の50年、つまり100年企業への道が開けるでしょう。その大きな「志」を皆さんに託したいと思います。

DACグループ代表 石川和則

石川和則 略歴
1948年10月千葉県生まれ
1977年28歳で多額の借金を抱えたデイリースポーツ案内広告社の立て直しのため、三代目代表取締役社長に就任。11年かけて完済し、ピーアール・デイリー、デイリー・インフォメーションをはじめとした広告会社の全国ネットワーク組織を作りあげた。DACグループ代表を務める。
神戸夙川学院大学客員教授(2010~2015年)
広告業協同組合会員(1987~1997年理事)
社団法人日本外国特派員協会会員
冒険家(マッキンリー・エベレストBC・キリマンジャロ登頂、北極点到達、南極点到達、タクラマカン砂漠横断他)
PAGE TOP

より詳しく
知りたい方は
こちらへどうぞ

DAC社員のインタビュー

事業のエピソード

Copyright © 2017 DAC group All Rights Reserved.